今に君がいればいい

だいすきなひとたちのこといろいろ

市場三郎〜温泉宿の恋 5/15 感想

5/15 大千秋楽の感想です。

今回は幸い2回入ることができたので、2回の楽しみ方をすることができました。
1回目はネタバレをほぼ見ずに。
2回目は、舞台中に出てくるたくさんの歌の原曲をまとめてくださっている方がいて、それを聴いて頭に入れてから臨みました。有名なミュージカルの曲などが多いので、ほとんど知っていたのですが、その方のおかげでより一層たのしめました!✨


濵ちゃんが演じる市場三郎はとにかく愛くるしいキャラクターです。
4/25に見たときも5/15も濵ちゃんは髪がサラサラでした。
手を振っただけでサラサラ〜って(o^冖^o)
歌声的には4/25に入ったときよりもハスキーになっててかすれてるところがあったので、やっぱり喉を酷使してたんだなーと。
しっかりケアしてね(>_<)


2回見て思ったのは、双眼鏡は使わないほうがいいってこと。
東京グローブ座、シアタードラマシティと会場が狭いのもあって、よっぽど視力が悪くなければ肉眼で表情まで見えます。
濵ちゃんの表情をみたいと思い、双眼鏡を持って行ったのですが、一度も使いませんでした。
この舞台は座組みなさん本当に個性が豊かでとってもおもしろいので、舞台全体を見たほうが絶対に笑って楽しめると思ったからです。
双眼鏡使わなくてよかったー!と思っています。笑



そしてカーテンコールのあいさつでは、和気あいあいとした座組のみなさんが見れました。
お芝居しているときは"三郎"しか見えなかったのが、あいさつのときになると途端に濵ちゃんに。笑
いつか望が雑誌でこう言っていました。
「(濵ちゃんが)両手を合わせて下に抑え込むような仕草は、意見を言いたいけど意見がまとまってないとき」と。
だからオレが通訳してますと言われていたけど笑
今回はその仕草がいい意味(かな?笑)で出ていたのかなと思いました。
本当に感謝感謝で言葉が出てこないという感じで何回も両手を合わせてすりすりしていました。笑
感無量というかんじだったんでしょうか?笑
だけど今回は通訳してくれる人もいないし、自分の言葉でなんとかするしかなかったんですよね。
初日の記者会見でも河原さんに言われていましたよね。笑
公の場だけではなく稽古場でも自分で意見を言わなければならない場面もあったと思うので、それもいい経験になったと思います。?
カーテンコールでは濵ちゃんと座組のみなさんの仲というか、素が見れました。
こういう環境でやってきたんだな〜というのがわかって、とってもいい座組だと思っいました。
紹介VTRとかも見てて思ったけど、濵ちゃんの人ったらしも最高!笑





いつもチケット運の悪いわたしなんかが入れるとは思ってもいなかった市場三郎大千秋楽に、奇跡的に入ることができて。
こんな機会二度とないかもしれないから、濵ちゃんと座組のみなさんの一瞬一瞬をいまこの目に、自分の目にしっかりと焼き付けたいなと思っていたのに。
濵ちゃんの一言に泣かされて、視界が歪んで、濵ちゃんの顔が10秒くらい見えなかったな〜笑
化粧なんかどうでもよくなってただただ目に焼き付けたくて一生懸命目をゴシゴシしました。
そしたらふにゃふにゃ笑っている濵ちゃんがいて。
本当に楽しそうで楽しそうで。
それでまた泣けて。笑
何回も目をこすりました。

わたしが泣いてしまった一言は、最後の濵ちゃんのあいさつです。

濵ちゃんは「自信がつきました!これでどこの現場に行っても怖くない!」というようなことを言いました。

その言葉にあっさり泣かされました。

いつもいつも勝手にわたしが拝見させていただいている濵田担の方々のTwitterがあるのですが、濵ちゃんがラジオとかで「おれ求められるとできひんから」とか言っちゃうのに対していつもがっかりされているんですよ。
濵田くんはできるのにって。
もっと自信持っていいのにって。
わたしもいつもそう思います。
濵ちゃんはかっこいいしおもしろいし歌もうまいしアクロバットももちろんだしこれ以外にもたくさん、知れば知るほど魅力的な人です。

濵ちゃんが自分に対してネガティブな発言をするのをよく耳にしてきたし、それに対する濵田担の方々の想いもその度に見てきたので余計に泣けてしまって。
いつも自信ない自信ないな濵ちゃんがこんなにも力強く「自信がつきました!!」と言い切るなんて。
どれだけの量を練習して、どれだけの葛藤をして、どれだけの壁を乗り越えて、どれだけのものを得られたのかなって。
稽古の場面なんて見ていないしどんな風に悩んでいたかとかもわからないし、どれも私たちの目に直接見えるものではないけれど、今そこにいる濵田崇裕を作り上げているものの中に、この市場三郎の経験は大きく、たしかに存在しているんじゃないかって。
間違いなく、今回の経験は濵ちゃんの中で大きな成長する出来事になったと思います。




それと、物語の中で「俺なんかが恋なんて垢抜けたことを」などと「俺なんか」ばっかりだった市場三郎が恋にひたむきに向かう姿というのが、「求められると俺できひんから」ばっかりの濵田崇裕と重なって、千秋楽を迎えたこの日に「自信がついた」とはっきりと言った濵ちゃんに感動したのかもしれない。




素敵な座組のみなさんに囲まれて、素敵な座長さんがいて、もう最高しかないです!
それしか言葉が出てきません(>_<)
市場三郎、観劇する機会に恵まれて本当に幸せでした。
たくさんの幸せと笑いをありがとう♡
本当におつかれさまでした✨

f:id:rjhskan:20160531031935j:image

グアム編絶対あるよね!!♡
絶対行くよ!!♡笑
いつまでもサブロスこじらせ続けます〜(*゚v゚*)



おしまい。